【ゼンハイザー IE40 PRO レビュー】FPSで足音聞こえるかPS4のApexLegendsで試しました!

2020年7月10日

こんにちは、ハッサンです^ – ^

FPSで足音を聞くイヤホンを調べるとIE40 PROをよく目にします。実際にどの程度の性能なのかApexLegendsで検証していきます。

ネット界隈ではSHURE SE215SPEとの比較が多いので、本記事も足音で比較していきます。

SHURE SE215SPEのレビューはこちら▼

ノイズキャンセリング搭載の高級イヤホンBose QuietComfort20のレビューはこちら▼

コスパ抜群のイヤホンTURTLE BEACH BATTLEBUDSのレビューはこちら▼

ゼンハイザー IE40 PROについて

ゼンハイザーはドイツの音響機器メーカーです。長い歴史を持ち音響関連のプロに長く愛される老舗メーカーになります。

IE40 PROはモニターイヤホンという音楽のプロが音をチェックする際に使用するイヤホンになります。

ゼンハイザーのイヤホンとしてはエントリーモデルになりますが、ワンランク上のモデルと比較しても音質、付け心地など引けをとらない性能になります。

スペック

メーカーゼンハイザー
価格12,218円
(Amazon 2020年5月16日時点)
イヤホンタイプカナル型
ドライバーダイナミック型
周波数特性20 Hz -18,000 Hz
インピーダンス20Ω
音圧レベル(SPL)115 dB(1 kHz / 1 V rms)
全高調波歪(THD)< 0.1 %(1 kHz, 94 dB)
ノイズ減衰< 26 dB
磁場強度3.5 mT
重量18 g
ケーブル長1.3 m
同梱品ソフトポーチ
クリーニングツール
シリコンイヤーアダプタ(S/M/L)
フォームイヤーアダプタ(M)

用語解説はこちら

開封

  1. 説明書
  2. ソフトポーチ
  3. イヤーピース(シリコンSML, フォームM)
  4. イヤホン

SHURE掛け(ケーブルを耳に掛ける)して装着するのが前提のイヤホンになっています。ケーブルは着脱式ですが、独自規格になるため交換できるケーブルは限られています

カナル型になっており、耳穴に差し込んで使用します。左右のイヤホンでケーブル付け根の色が違うため、LRが分かりやすくなっています

マイクはついていないので、3.5mm 3極プラグになります。PS4コントローラーやニンテンドースイッチに直接差し込んで使用できます。

イヤーピースはシリコンタイプがSMLの3種類、フォームタイプが1種類付属しています。またイヤホンを掃除するクリーニングツールも入っています▼

音質について

音の傾向はモニターイヤホン特有のフラット(低音高音に寄っていない)になります。

音の分離感に優れているので、ApexLegendsで足音や回復音など聞き分けがしやすいです。

とにかく装着感が良く聴き疲れもしにくいため、長時間のゲームプレイも可能です。

またイヤーピースの位置を2段階で調整可能です。位置によって音質が若干変わるそうですが、個人的にはあまり変化が感じられなかったので付け心地で判断しても良さそうです。

ただ使用前にあらかじめ100時間程度エージングすることをおすすめします。高音の刺さりがかなり軽減されます。

以下にIE40Pro vs SE215について記載していきます。

IE40Pro vs SE215 音質比較

音質面でIE40 PROはSE215SPEに勝っていると言えますこの価格帯のイヤホンで音楽観賞するのであれば、IE40 PROは最適解になり得ます

SE215SPEも素晴らしい音ですが、IE40 PROの方がクリアな音質だと感じます。

IE40Pro vs SE215 遮音性比較

遮音性に関してはSE215SPEの方が優れています。IE40 PROでも十分な遮音性がありますが、SE215SPEは特に周りの環境音を遮断してくれます。

IE40Pro vs SE215 足音比較

ApexLegendsにてSE215SPEと足音比較してみました。比較はPS4コントローラー直刺しで行いました。

結論から言うと2つとも同じ距離まで足音が聞こえました。1mも違わず同じ距離まで聞こえたので、ひょっとしたらApexLegendsで聞こえる足音の最大距離まで聞こえたのかもしれません。

また定位感に関しても両機種共どの方向に敵がいるか細かく把握できます。この点についても差はないと思います。

この2つの比較で良く言われるのが「好きな方を使えば良い」なのですが、足音に関して言えば正にその通りですね

比較まとめ

FPSプレイで重要な項目をまとめるとこんな感じです▼

IE40 PROSE215SPE
音質
装着感
遮音性
マイク有○※
足音性能
※付属ケーブルにマイクが付いていない製品もあるので注意

2020年5月17日時点では価格もほとんど変わらないので、自身の環境を踏まえてどちらが良いか判断するのが良いでしょう。

最後に

IE40PROは音ゲー好きのフレンドも絶賛しており、高音が好きな人にとっては名機になり得ます。

SHURE掛けなのでタッチノイズも気になりませんし、軽いので耳への負担も少ないです。

足音を聞き逃さず、音楽も最高の音で楽しみたい方におすすめです。